読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LYH 9.1 ファイルとストリーム

すごいHaskellたのしく学ぼう!

問題

(1) foreverについて、型シグネチャと用途、importすべきものを言え。

(2) toUpperについて、importすべきものを言え。

(3) capslocker.hsを実装せよ。

(4) getContentsは遅延I/Oであり、入力が大きい場合は(  )消費量の面で有利である。

(5) contents <- getContentsによって、contentsにgetContentsの結果が束縛されるとき、最終的に文字列として評価される(  )としてメモリ上に置かれる。

(6) 10文字より短い行だけ出力するプログラムを作れ。

(7) interactとはどのような関数か。

(8) inretactを用いて、入力した文字列の回文判定をせよ。

解答

(1)

forever :: Applicative f => f a -> f b Source #
  • forever act repeats the action infinitely.
  • Control.Monad

(2) Data.Char

(3)

import Control.Monad
import Data.Char

main = forever $ do
    l <- getLine
    putStrLn $ map toUpper l
import Data.Char

main = do
    contents <- getContents
    putStr $ map toUpper contents

(4) メモリ消費量

(5) プロミス(promise)

(6)

main = do
    contents <- getContents
    putStr (shortLinesOnly contents)

shortLinesOnly :: String -> String
shortLinesOnly = unlines . filter (\line -> length line < 10) . lines
main = interact shortLinesOnly

shortLinesOnly :: String -> String
shortLinesOnly = unlines . filter (\line -> length line < 10) . lines

(7) 入力を文字列として受け取り、それを関数で変換し、結果を出力する

(8)

respondPalindromes :: String -> String
respondPalindromes =
    unlines . map (\xs -> if isPal xs then "palindrome" else "not palindrome") . lines

isPal :: String -> Bool
isPal xs = xs == reverse xs

感想

遅延I/Oすごい。おかげで対話的なプログラムでも入力をEOFまで読み込んだと考えてコードを書くことができる。 promiseって、JSのpromiseとかdeferredとかと関係ある?